ラミネートは難しくないです。ラミネートが使えれば、楽しくなるかもね

ラミネート大百科トップ画像

ホーム

ラミネートについて

ラミネートの特色

ラミネートにある問題

ラミネート加工のトラブルと公害

ラミネートフィルムの素材

ラミネーターを選ぶポイント

ラミネーターの掃除の仕方

ご意見・ご感想

リンクについて

当ホームページはリンクフリーとなっています。どなたでもお気軽にリンクを張って下さい。また、バナーをご利用の方は、下のバナーをお使い下さい。

ラミネート大百科のバナー

ラミネート大百科のバナー

ラミネートされている物を探す

ラミネートって知っていますか?よく分からない人、まず自分の財布の中をみてみましょう。なにかお店の会員証や、病院などの診察券は入っていませんか。もしあるのでいしたら、手に取ってみて下さい。なにか、プラスチックのような物の中に、診察券や、会員証が入っていますよね。
この中の紙を挟んでいる回りのプラスチックの所がラミネートと言うわけなのです。車のステッカー、ありますよね?ポルシェやベンツといった高級車ではあまり見ませんが、スポーツカーやジープなどの車に貼っている人は多い!そう、あれもラミネート加工されたものなのです。

ラミネートは、生活をしていれば至る所で見る事ができます。決して、接点が無い話ではないのです。

例えば、今だしたように会員証や診察券もそうですし、ショップなどに行くと、商品が並んでいる種に値札がついていたり、回りにポップがあったりしますよね。これもラミネートされているものが沢山あるのです。

ショップ以外でも、ラミネートされているのは見る事ができます。よーく考えてみて下さい。思いつきましたか。
そうです。レストランなどです。レストランなどには、必ずと言って良いほどメニューや商品がおいてますよね。高級な所は持ってきてくれますが・・・
このメニューや商品の値札などが印刷されたラベルを思い出して下さい。ラミネートされていると思います。ペラペラの紙に印刷しただけのラベルのまま渡されたりはしませんよね。

プレスCDやDVDもラミネートが使われていますよね。今ではパソコンを使って自宅でCD・DVDがプレスできる時代ですので、ラミネートを使う機会は多いかも知れません!!といってもCDに直接ラミネートをするわけではなく、ブックレットやラベルにラミネートが使われています。

このように、自分の回りを見てみると、以外と、ラミネートされている物が沢山あるのです。
と、言うことは、私たちの生活にはラミネートが欠かせないと言う事になるのです。

ラミネートをしてみる

ところで、ラミネートをした事が、もしくはしているのを見た事がありますか?
ラミネートは始めペラペラの物です。でもできあがった物をみると固いですよね。
実はラミネートは、ペラペラのフィルムの間にラミネートした紙などを挟んで熱を加える事によって、私たちが良く目にするラミネートさらた物になるのです。

ラミネートができあがる行程を簡単に説明しますと、

まず、ペラペラのラミネート用のフィルムに目的の紙を挟みます。このラミネート用のフィルムは二枚が一組になってくっついています。といっても、ラミネート用のフィルムは一カ所しか繋がっていないですが。
ラミネート用のフィルムにきちんと紙を挟む事ができたら、ラミネーターと言うラミネートをする為の機械に流し行きます。このラミネーターと言う機械は、中に、ローラーが付いていてこれで圧力をかけながら、同時に熱を加えて、ラミネーターを溶かしてラミネーター同士をくっつけます。FAXを想像してもらえればイメージつきやすいと思います。あんな風にラミネーターにラミネートを片方から入れて、そのうしろからラミネートが出てくるのです。
出てきたら、できあがりです。もうこの時点でよくめにするラミネートされた物になっています。後は、よぶんな所を切っていけばいいだけなのです。

かんたんでしょ。ラミネートはした事がない人は、難しいイメージを持っているようなのですが、そんな事は、ないのです。百聞は一見にしかず。まずは、身近にあるものからラミネートしてみましょう!名刺を自宅で作成・印刷や、スクラップブッキングしたクラフトがあれば、それをラミネートしてみてください。

recommend

神戸市西区 リフォーム
外壁塗装 八王子
バスケ ユニフォーム 作成

最終更新日:2017/11/29

Copyright (C) ラミネート大百科 All right reserved