ラミネートは難しくないです。ラミネートが使えれば、楽しくなるかもね

ラミネート大百科トップ画像

ホーム

ラミネートについて

ラミネートの特色

ラミネートにある問題

ラミネート加工のトラブルと公害

ラミネートフィルムの素材

ラミネーターを選ぶポイント

ラミネーターの掃除の仕方

ご意見・ご感想

リンク集

リンクについて

当ホームページはリンクフリーとなっています。どなたでもお気軽にリンクを張って下さい。また、バナーをご利用の方は、下のバナーをお使い下さい。

ラミネート大百科のバナー

ラミネート大百科のバナー

ラミネートに使用するフィルムに必要な素材

ラミネートをするときに使われるフィルムの素材は3つのあります。それは、フィルムとカバーと樹脂になるのです。では、この3つの説明をしていきたいと思います。

フィルムのベース

熱のラミネートに使われるフィルムのベースとなっている物はさらに2つに分ける事ができます。
1つは、PET(ポリエチレンテレフタレート、普通はポリエステルと言われています)このフィルムでのラミネートは、レストランのメニューに使用されていたり、病院などの診察券など、色々な物に使用されたりしています。ですので、これは結構見た事がある人もいるのではないかと思います。意識しては見ていないと思いますが・・・
とても丈夫で、耐水性や耐熱性・耐衝撃性にも優れていて、防湿性とかガス遮断性にもとても有効となります。
私たちの回りでもポリエステルは多く使われています。例としては、洋服の繊維や、飲料などが入っているペットボトルや、ブリスターバックとかの包材などなど、とても広く使用がなされているのです。
このほかにも、写真用印刷画紙を長期保存する為にこの素材を使用しているのですが、写真用のポリエステルのフィルムは、透明度がとてもありますので、写真のフィルムとしては最適となるのです。

PP《ポリプロピレン》

ポリプロピレンとは、本などの表紙のカバーに使用されていたり、化粧箱の片面に使われていたり、定期入れにいれるようなカレンダーとかの、だいたい印刷物に加工されているのをよくみたりします。
本などの表紙のカバーはビニールみたいになっているのですが、これもれっきとしたラミネートによる加工なのです。
ポリエステルに比べると安くで加工をすることができるのですが、耐久性に関して言うと少しポリエステルよりも劣ってしまうのです。日用品で言うと、食品を包装している物や、近頃では、塩ビの使用を辞めようと言う流れから文房具とか、自動車の内装の材料などにも多く使われるようになってきました。他では、ナイロンなどがあります。しかし、国内ではあまりありません。

熱可塑性の樹脂

一般的には熱用のラミネートのフィルムには、2層や3層式の作りとなりますので、基材になっているのを始めに加熱をして、熱可塑性の樹脂を柔らかくして、溶かしてから、のり状にしていきます。それをローラーなどの圧力を利用して張り合わせていくのです。
ラミネートをしてすぐに冷やす事によって、透明になったままそれを保ちながら固くなるのです。
よく使われている素材としては、LDPE(低密度ポリエチレン)・IQ(アイオノマー)・EVA(エチレン酢酸ビニール共重合体)と様々なものがありますが、どれの素材もポリエチレンまたは、これにとても近い性質のものとなるのです。
ポリエチレンと言うのは、スーパーで買い物をしたら、袋を貰いますよね。この袋が皆さんがよく知っているポリエチレンの代表です。ですので、見た事や触った事がない人はほぼいないと思います。
上のようなフィルムの材料と言うのは、全部炭素と水素で出来ていますので、塩素系の物質は全く入っていないのです。
ですので、焼却をしたとしても、水と炭酸ガスにしかならず、塩化水素ガスのような有害なガスとか、ダイオキシンなどを発生させる事はないのです。ですので、食品や、医薬品を包装するのにも使われています。これをみれば、人体にも環境にも優しいものだと言う事がわかると思います。

 

recommend

Last update:2017/2/1

▲ページトップ

 

Copyright (C) ラミネート大百科 All right reserved