ラミネートは難しくないです。ラミネートが使えれば、楽しくなるかもね

ラミネート大百科トップ画像

ホーム

ラミネートについて

ラミネートの特色

ラミネートにある問題

ラミネート加工のトラブルと公害

ラミネートフィルムの素材

ラミネーターを選ぶポイント

ラミネーターの掃除の仕方

ご意見・ご感想

リンク集

リンクについて

当ホームページはリンクフリーとなっています。どなたでもお気軽にリンクを張って下さい。また、バナーをご利用の方は、下のバナーをお使い下さい。

ラミネート大百科のバナー

ラミネート大百科のバナー

ラミネートの特色

ラミネートの袋は、ラミネートをやる素材によって、様々な機能性をつけていくことができます。

ラミネートはいろんな組み合わせをする事によって、それぞれに合うような構成で製造されて、使用されているのです。
構造によっては、真空パックをする時などではラミネートの商品で作られています。
真空状態にしておく期間や、真空状態がどれくらいなのかにもよって構成が変わってきて、コストもかわってくるのです。
又、空気や、湿気・光とかをラミネート構成をすることによって遮断する事もできるのです。
厚さを変えるだけではなく、構成されている内容によって、強度を出す事も出来ると言うわけなのです。

ラミネートの一番内の所には必ずシーラント材と言われるものを使っています。
シーラント材は、ヒートシールをすることが出来る物を示していて、LDPE・OPP・CPP(ホットメルトタイプ)と言うのを使用しています。
普通ですと、違う材質をラミネートしていくと、強度やバリア性が出てくるのですが、現在では、ラミネートの方法として、ドライラミネートがよく使われるようになったのが特徴です。

蒸着加工って

アルミ蒸着フィルムと言うのは、独特の輝きをもっていて、ガズバリヤー性や遮光性を得る事ができるので、アルミ箔に代えることができる素材となって、食品包装に使用するのを中心として、最近需要が増えてきた素材だと言えます。
蒸着と言うのは、アルミなどの金属化合物を、高い真空の中で、加熱蒸発をして、その粒子を素材につけていく技術で、真空蒸着法をすることによる乾式メッキ法の1つともなるのです。
さらに、蒸着をされたフィルムの事をVMフィルムとも言います。包装に使う以外にも、衣類用の金銀の糸や、装飾用・コンデンサーや、建材用としても利用をされているのです。
基材となるのは、紙やセロハン・色々なプラスチィックフィルムなどがあって、メタライジングをする金属物質としては、アルミや金・亜鉛やニッケルや、シリカなど色々とあります。

包装に使うときの機能性についての説明ですが、耐湿用や、耐ガス透過用や、保香用や、光線遮断用になり、帯電防止用や、美観用と言うような機能をもっているのです。
透明蒸着品には、光線遮断の性能は透明となるので、必要がないです。
透明蒸着をする時には、シリカそれは、酸化アルミを使います。
シリカ蒸着やセラミック蒸着にひゃ、わずかに色がついているのがありますが、ほとんど無色となるのです。

透明蒸着って

今の透明蒸着は、ほとんどがPET蒸着品となります。
ですが、これからでは、ONyやOPPとかも使われて来るようになるでしょう。
透明蒸着のフィルムの問題点としては、アルミ蒸着の時にはほとんど無いのですが、吸湿によって、ひび割れをおこしてしまう問題もあるのです。
ですが、蒸着面に樹脂でコーティングしておけばひび割れを防ぐ事が出来ます。
また、PET蒸着とONY蒸着とでは、ONY蒸着をした方がひび割れがおきやすくなってきます。

ラミネートの厚さはどうしてバラツキが少なくなっているのかと言いますと、ラミネートに使う材質のほとんどは、Tダイ方式と言われる製造方法で、製造をされているからなのですが、Tダイ方式では、厚みのバラツキを抑えることができるので、ラミネートをする時も、問題が出にくくなるのです。

その理由と言うのは、製造をするやり方の違いが大きく関係をしてくると考えられるのですが、Tダイ方式で製造をされた物は、厚みとか、幅があまりばらつかずに、平面性が良いフィルムとしてできあがります。
ですので、加工をするのがやりやすいと言うラミネートの特徴となるのです。
Tダイ方式では、シート状で、製造をしていきますので、チューブ状での製造をやる事は出来ないです。

一方、インフレーション法では、製造をする時に全部チューブ状にするのですが、空気を使用して厚みや幅を調整していくので、その為、厚みや幅などがばらついてしまう確率が高くなってしまうのです。

 

Valuable information

最終更新日:2014/9/11

▲ページトップ

 

Copyright (C) ラミネート大百科 All right reserved