ラミネートは難しくないです。ラミネートが使えれば、楽しくなるかもね

ラミネート大百科トップ画像

ホーム

ラミネートについて

ラミネートの特色

ラミネートにある問題

ラミネート加工のトラブルと公害

ラミネートフィルムの素材

ラミネーターを選ぶポイント

ラミネーターの掃除の仕方

ご意見・ご感想

リンク集

リンクについて

当ホームページはリンクフリーとなっています。どなたでもお気軽にリンクを張って下さい。また、バナーをご利用の方は、下のバナーをお使い下さい。

ラミネート大百科のバナー

ラミネート大百科のバナー

ラミネートにある問題

ラミネートは確かに便利なもので、簡単に、キレイで丈夫にすることが出来ます。しかし、さすがのラミネートも良い事ばかりではないのです。
使い方を間違えたり、適当な使用方法をしてしまうと、様々な問題などが発生します。できれば、きちんと、正しく、ラミネートを使用してほしいのですが、万が一の時の為にどのような問題があるのかを知っておく事も必要でしょう。

トラブルカ所別

バッグでのトラブル

ジャミング

ラミネート用のフィルムに紙を挟んでラミネートをしたら、機械の中でつまって、出てこなくなってしまう時があります。機械を空けて取り出そうとみてみると、ジャバラ状になってしまって、中で詰まってしまっています。
こうなってしまう原因としては、フィルムを間違って反対からいれてしまったり、あまりにも薄いフィルムを高い熱で加工をしようとしていたり、挿入する方向は間違っていないけど、先の所が余りすぎているとこのようになってしまいます。また、ロールが汚れていたり、機械の調整不良によっても、起きてしまう事があります。

凸凹になる

これは、ラミネートをする時に初心者がよく失敗をしてしまう事なのですが、紙や、フィルムの厚さを考えないで、温度などもみていないと、温度が高くなってしまって、ラミネートをした時に表面がデコボコになってしまいます。こうなってしまうと、失敗でやり直しはできませんので、温度管理はきちんとしておくようにしましょう。

白くなる

でこぼこになる時と逆で、紙とかフィルムの厚さに対する温度が低いと、フィルムがキレイにとけないので、白くなってしまいます。そうなってしまうと、中の紙がキレイに見えなかったり、見えなくなってしまいます。また、接着もあまりよくはないです。こうなったら、もう一度ラミネートをやり直してみましょう。それでダメなら失敗となります。

気泡が出る

平板式のヒーターの機械を使ってラミネートをする時に、写真のようなものをラミネートした時、たまに気泡が出てきたりします。よく気泡が出るようだったり、写真の表面がくずれてしまうのでしたら、一度温度を下げてみる事をおすすめします。

ロールが汚れている

ロールが汚れてしますと、機械の中で絡んでしまったり、仕上がった時に、白いしまの模様が付いてしまったりします。このロールの汚れは拭けばキレイになりますので、定期的に掃除をしておくか、もし、急ぎの時には、ザラザラしている厚紙を空通しを何度かしてみるといいでしょう。

フィルムでのトラブル

縦とか斜めのシワがずっとついている。そんな時には、機械のそれぞれのロールがきちんと平行がとれているのかどうかを確認をしてみて下さい。そして、終わりに、ブレーキのテンションの上下を均等に強くしていきます。そうしてもシワがなくならないのでしたら、フィルムに原因がると考えられます。
厚い所を一カ所だけにかたよらせて連続で挿入をしていった時に、正常だったフィルムを使用したとしても、圧力のバランスが直らなくて、シワになってしまう事もあるのです。

斜めにカールする

機械のそれぞれのロールの間の平行や、本体が捻れているのは正常で、プロペラみたに捻れたカールが起こってしまう時は、フィルムを作る時の延伸加工の方向が、上下のフィルムの組み合わせなどにより、影響をしてくる時のあります。このような時はある程度は、どうしようもない物だとなります。

トタンみたいな模様がでる

フィルムの表面がシワじゃなくて、トタンみたいな縦の波模様がでてしまい、中の紙などにまで影響をしてしまう時もあります。中にある紙などが熱によって、収縮しているのが原因となるのですが、たまにフィルム自体が熱によって収縮してしまう事もあります。

接着不足

機械の温度や、圧力が正しければ、普通でしたら、フィルムの接着の状態と言うのは、規定の範囲になるものしか販売されていないので、フィルムが原因になる事はあまりないです。この原因は、連続に加工を行う事によって、機械の温度が下がってしまう事がほとんどとなります。条件がギリギリとなる場合には、機械とフィルムのマッチにも影響をしてくる事もあります。

 

おすすめWEBサイト 5選

2017/2/1 更新

次へ→

▲ページトップ

 

Copyright (C) ラミネート大百科 All right reserved