ラミネートは難しくないです。ラミネートが使えれば、楽しくなるかもね

ラミネート大百科トップ画像

ホーム

ラミネートについて

ラミネートの特色

ラミネートにある問題

ラミネート加工のトラブルと公害

ラミネートフィルムの素材

ラミネーターを選ぶポイント

ラミネーターの掃除の仕方

ご意見・ご感想

リンク集

リンクについて

当ホームページはリンクフリーとなっています。どなたでもお気軽にリンクを張って下さい。また、バナーをご利用の方は、下のバナーをお使い下さい。

ラミネート大百科のバナー

ラミネート大百科のバナー

ラミネートにある問題

トラブルカ所別

ロールでのトラブル

装着のミス

フィルムの裏と表を間違えてしまった場合、前に進まなくなってしまったり、ロールに絡まってしまいます。
他にも、ブレーキの為の引っかかりのツメを逆にしてしまったら、縦ジワとか斜めにシワができてしまい、フィルムが左右に大きくゆがんでしまいます。

圧力のレバーのミス

レバーを下げるのを忘れてしまうと、ラミネートロールの所の物はほぼくっつかないで出てきます。出口の所のロールでは機械にからまってしまいます。

カールが捻れている

上下のローラーのブレーキが正しく調整されていないと、中の物が強い所にカールしていきます。ねじれの時は、機械のねじれのときよりも、フィルムを交換してみると直ってしまう時もあるのですが、ある程度の場合はしょうがないものとなる時もあるのです。

温度が低い

設定をする温度が低すぎたり、沢山のフィルムを連続でラミネートすると、温度が下がってしまい、白くなったり、接着がきちんと出来なくなってしまいます。沢山ラミネートをする時は、様子をみながら、たまには機械を休ませる事をしたり、いつもより少し温度を上げておくといいでしょう。

温度が高すぎる

温度があまりにも高いとデコボコができてしまいます。こうなるとやり直しがききませんので、気を付けましょう。

接着不足

温度が低い場合や、圧力が弱い時に接着不足になってしまいます。また、フィルムに挟んでいる物によっては、接着をする事ができないのもあります。

斜めにシワができる

圧力の強さが左右で極端に違う場合や、機械は捻れていなくても、ツメを逆に付けていたり、ストッパーの上下を間違っているときによくこの現象がおきます。

波状のシワ

出口の所のロールよりも入り口のロールのスピードが速いと、さざ波みたいな模様がついてしまいます。出口のロールが滑っていたり、圧力が不足していたり、ギヤが前後で逆になっている場合があります。

ハの字や逆のハの字

進行方向に向かって、左右の端っこが先に進んで、真ん中の所が遅れてくると、一定の間隔でハの字みたいな模様が付いてしまいます。この時は、圧力が強くなりすぎだったり、ロールがすり減っていて、端だけに圧力がかかっている事が多いです。逆ハの字の時はこの場合と逆になります。

船の波みたいなシワ

フィルムの左右の空いている部分などに、船の左右にできる波みたいなシワが出る事があります。この原因と言うのは、だいたいがフィルムに対して、紙の厚みが厚すぎる場合がほとんどです。

トタンのような模様

進行方向に対して垂直にトタンのようなシワが出る時は、対象となるフィルムや紙が縮んでいる場合があります。ラミネートをする紙によっては、温度の影響で左右が収縮をしてしまう物もあります。

 

注目サイト

Last update:2015/2/18

←戻る

▲ページトップ

 

Copyright (C) ラミネート大百科 All right reserved