ラミネートは難しくないです。ラミネートが使えれば、楽しくなるかもね

ラミネート大百科トップ画像

ホーム

ラミネートについて

ラミネートの特色

ラミネートにある問題

ラミネート加工のトラブルと公害

ラミネートフィルムの素材

ラミネーターを選ぶポイント

ラミネーターの掃除の仕方

ご意見・ご感想

リンク集

リンクについて

当ホームページはリンクフリーとなっています。どなたでもお気軽にリンクを張って下さい。また、バナーをご利用の方は、下のバナーをお使い下さい。

ラミネート大百科のバナー

ラミネート大百科のバナー

ラミネートについて

ラミネートと言うのは、色々な種類があります。そんな沢山ある種類のなかでも、主に卓上の機械を使用して、熱を利用する事によって紙とかを完全にフイルムでパックをしていく事を、一般にラミネートと呼ばれています。

ベースとなる素材のポリエステルと、感熱接着樹脂を2層にしているフィルムを使い、紙や、布、または金属などさまざまな物に上下から熱を加えていき、ロールで圧力をかけていくと、表面が完全に接着していき、余白となっている部分の上下のフィルムを利用して、完璧にくっつけていくのです。

フチが付いているラミネートと言うのは、結構丈夫に出来ていて、仕上がりも美しくなります。また、ほとんどの物を目の前で簡単にラミネートしていく事ができます。

ラミネートの特徴

ただの紙や、布を簡単に見た目を美しくすることが出来て、丈夫なプラスチックにする事が出来る上に、その用途は、CDプレス後の出荷で付属させるブックレットや紙や販促用の写真、布や金属など、あらゆるものをラミネートしていく事ができるのです。初回プレスCD限定などの特典のポスターは希少価値があるものなので印刷面が薄くなったりごれたりしない様にラミネートしておくといいかもしれませんね。しかし、プレスされたCDにはラミネートできませんので注意してください。プレスCDをラミネートすると、間違いなくラミネーターが故障します、ポスターなどの紙や印刷物に使用するのが、正しい使い方です。
また、アイディア次第では、使えるはばも広がりますし、このような物の弱点をカバーする事もできます。例えば、水に濡れるとダメだとか、油や、薬品にも強くなりますし、簡単にはやぶれなくなります。さらに、紫外線にも強いので、色あせをしてしまうような心配もほとんどありません。
耐候性や耐食性にも優れていいますし、偽造を防止する効果もあります。その他にも、引っ張られたり、曲げられたりをしても以外と丈夫で、簡単には変形しません。

このように、ラミネートをする事によって、扱いにくかった、素材が数十倍も丈夫になりますので、扱いやすくなります。
さらには、見た目を美しくする事もできますので、ちょっとした飾りのための絵などをラミネートしておく事もできるのです。

ラミネートの使い道

では、実際にどのような物にラミネートは使用されているのでしょうか。
ラミネートは、外見をキレイにしておこく必要がある物や、手あかの汚れや、破れてしまうものを保護する為に使用したり、固くしておいておきたい物や、水に濡れてしまうと使えなくなってしまうものなどがあり、その他にも、長期の間保存をしておきたい物、変色をしては困るのでそれを守る為に使用する。偽造をされてはダメなもの、権威が必要となる物などがあります。
これ以外でも、絶縁をしたり、耐薬品をする為など、色々と、特種な工業材料としても利用される事もあるのですが、だいたいは次のような使われ方をしています。

お店の場合

お店などではよくラミネートをされた物を見かけます。まず、会員カードです。これは、そのお店の会員になると、ポイントをためる為に貰う物ですが、お客さんはだいたいは財布の中にしまっています。しかし、紙のままだと、破れてしまったり、汚れてしまったり、または、水に濡らしてしまう恐れもあります。そんな時にラミネートをしておけば、見た目もキレイになりますし、汚れや破れの恐れなどから解放されます。持つ方としても安心して財布にしまって置く事ができます。これをプラスチックにする方法もあるのです、ラミネートに比べると単価が高くなってしまいますし、納期をするのも時間がかかったりしますが、ラミネートならその場ですぐに作成をする事ができます。
他にも、商品の棚にある値札などにもラミネートをされたポップなどを見る事ができます。紙のまま値段などをはっておくと、時間がたつと、色々な原因で破れてしまう事もありますし、曲がって、見えにくくなってしまう事もあります。ラミネートをしておけば、そのような心配もありませんし、固くもなりますので、取り付ける幅もひろがります。このようにお店では色々と使用されています。

会社での場合

会社などでの一番重要な所は、身分証明証は、偽造をされては困るものです。ですので、偽造を防ぐためにもラミネートが最適となりますし、企業に対しての信用も上がると思います。ほかにも、この会社を訪問したひとが見るパンフレットなどにもラミネートをしておけば、汚れから守る事もできますし、見る側も見やすくなります。

飲食店の場合

飲食店ではなんと言ってもメニュー表はいつでもキレイにしておきたい物です。このメニュー表は、机の上に置かれていますので、子供が食事をする時などに食べ物などをこぼしてしまい、汚れたり、塗れたりしてしまいます。紙のままだとそうなった時にこのメニュー表はもう使うことができなくなってしまいますが、ラミネートをしておけば、汚れたとしても、キレイにふき取る事ができますし、もし、水などをこぼしてしまっても、破ける心配がないのです。このような細かな所などもキレイにしておけば、お店の清潔感もあがりますし、そう言うお店にはお客さんも良く来るようになるのでないかと思います。

 

▲ページトップ

 

Copyright (C) ラミネート大百科 All right reserved